サイト表示速度遅延は『TinyPNG』の画像軽量化ツールで解決できる

雑記ブログは”写真”や”動画”を多数上げる傾向にありますね。

近年画像の最適化による、ページ読み込み速度(サイト表示速度)は
SEO順位にも大きく影響すると言われています。

そのため、雑記ブログで稼ぐなら、
この画像(メディア)の軽量化はとても大切になってきます。
この記事では、個人的に”実際使っている”
おすすめのプラグインやアプリを紹介します。

目次

導入:Google評価(サイト表示速度)を確認しておこう

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

ちなみに当サイト…画像最適化やる前は、
”40%で真っ赤っか”だったから本当に画像の軽量化大事です…。

 

一番オススメ『TinyPNG』

圧縮率が高く、かつ綺麗で非常に優秀。
無料版では月間500枚までとあるが、雑記ブログなら月間500あれば十分ではないでしょうか。

制限を超えても1枚1円程度なので非常に安価なのも魅力的。
プラグインを入れると外部サービスで圧縮されるので、自サイトへの負荷も軽減されるんですね。

枚数制限があることと、外部サービスでの圧縮なので
WordPressアップロード後圧縮までに時間がかかるのが難点くらいです。
仕様には、APIキーが必要ですが『APIキー』がわからない人でも大丈夫。無料で簡単に登録ができます。

プラグイン版とWEBサービス版があります。
(当サイトは、プラグイン版を使用しています)

 プラグインの設定後は自動圧縮『EWWW Image Optimizer』

WordPressユーザーなら一度は使ったことがあるんじゃないか、というくらい有名なプラグイン。
日本語設定画面かつアカウント登録不要で使えるので初心者にも大人気
制限もないので、大量の写真やメディアファイルをアップロードするなら、
こちらのプラグインがおすすめです。

使い方も非常に簡単で、初期設定さえすれば過去の画像含めて、一括変換が可能です。
本当に楽なので、ブログ運営がはかどりますね。

管理人も数年『EWWW Image Optimizer』を使い続けていたのですが、
『TinyPNG』の圧縮率には叶わず…。
1記事内の写真が多いので圧縮率で『TinyPNG』を今は使っています。

[st-cmemo fontawesome=”fa-file-text-o” iconcolor=”#919191″ bgcolor=”#fafafa” color=”#000000″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]Tiny PINGが優等生過ぎて本当助かっています。プラグインが怖い人はWEBサービス上で利用すればいいですし、面倒な人はプラグイン入れて効率化を測れるので選べるのもいいところですね。

何より、半分くらいの圧縮率でこの画質を担保してもらえるのが本当にありがたいんですよ…。画像軽量化の記事たくさんありますが、個人的には『Tiny PING』一択だと思います…![/st-cmemo]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる