知る人ぞ知る、裏路地の名店『やきとり万亀』

  • URLをコピーしました!

大好きな大好きな上司が退職されるということで、
最後の最後個人的に連れていただいた思い出のお店。

目次

裏路地の名店『やきとり万亀』

ここお店あるの?という路地裏を進んだ先にある
やっているのかわからないレベルの焼き鳥屋さん。

店内に入った瞬間に溢れる炭の香りとぎゅうぎゅうのお客さん。
カウンターは肘が当たるほどのお客様で溢れかえるけど
みんな美味しそうに焼き鳥を食べてる、そんな世界。

心臓

炭火の香ばしさが香る、しっかり焼系。
心臓の旨みがぎゅうっと凝縮されています。

ちょうちん

実は、ずーーーっと憧れていた”ちょうちん串”
なんと今回初めて食べさせていただきました。

炭の香りを吸収した卵が、噛みつくと同時に濃厚とろっとたまりません。
ちょっと苦みも残しつつ卵の旨みが口いっぱいに広がる幸せ。

思っていた通り、ちょうちんはわたしの好物の1つとなりました。
本当にすごくすごく美味しかった…

レバー

この照りがたまらないのですよ。
もわっとレバー特有のやわらかさと旨みが溶け込んでいて美味しいしか出てこない。

ぎんなん

このちょい焦げ焼と中のぎんなんの綺麗さのコントラストが堪らない。
中はほくほく。塩っ気が丁度よく美味しかったぁ

しいたけ

好きすぎて。しいたけが。
すごく大きいわけじゃないのに、噛みついたしいたけが肉厚で旨みが凝縮されていて
焼き方で変わるものなのか?素材なのか?思わず考えてしまいました。

わーーー!!昭和の焼き鳥屋さんだ!!とちょっと感動を覚えました。
無言でモクモクと焼く大将はカッコいい。
そして何より、美味しかった。

カウンターの店内には壁に掛けられたメニューだけ。
座る席によっては見えないから、もう感で頼むなんてことも。笑
というよりは基本大将に”おまかせ”でって頼めばいいみたい。
(ちょっと一見でやるのは、、、勇気要るなぁ…)

今日は2次会だったので、食べたいものを少しいただきました。
次は、鴨とかお任せでいただきます。

大好きな上司を独り占めできる幸せと、
もうすぐ離れてしまう寂しさと
口いっぱいの初めてのちょうちん美味しいを噛みしめて
私にとっては忘れられない、特別な日になりました。

食べログメモ:やきとり万亀

関連ランキング:焼き鳥 | 栄駅(名古屋)伏見駅矢場町駅

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次